シキソクゼクウ クウソクゼシキ 

北米 Philadelphia発信  ”気楽に更新”が信条のブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつまでも記憶に残る

Image060_201310130953356d5.jpg

いつも私の拙いブログに訪問してくださる
お友達...いえ、ブログの上でしかお話したことありませんので
そうお呼びしては申し訳ないような気持ちもありますが

そのお友達がつい先日、大切な人を亡くされて
ブログを永久休止状態にされて もう連絡が取れなくなってしまいました。

Image061_20131013095333fca.jpg

さらに その1ヵ月後
別のブログ上のお友達もまた、大切な方を亡くされ
何か 心の休まるような記事をと思い
このお友達のブログが休止の間に 我が家に仲間入りした多肉植物を
多肉植物の好きなその方に見ていただこう!と

今日の記事は 心を和ませるような...と言えるほど上手に写真も撮れなくて情けない...。
でも そんな気持ちで どうぞ 写真をお楽しみください。 

Image064_2013101309533293b.jpg


Image067_2013101309533104e.jpg

私事ですが
この記事を仕上げようとしている最中に
日本にいる親戚から連絡があり
私が幼い頃からよく遊んでいただいた 伯父、
いえ、正確には私の父の伯父?にあたる人が亡くなった、と。
様々な思い出が蘇り、ちょっとメソメソしていました。
そんな自分を癒す意味でも 多肉植物とカエルの共存は役に立ちました。




もう何年も前に
多肉植物をプレゼントで受け取り
育て方を調べもせずに どんどん水を遣り続けて さようなら してしまった私ですが

今回は チャリティで販売されているそのお店で
ちゃんと世話の仕方をメモにしていただき、
「水遣りは月に1度、大匙1杯だけ」で十分と知りました。

(^^;)>

なるほど、何故、初めての多肉さんがすぐに旅立ってしまったのか よ~く理解しました。

なので、

今度は忘れないようにと
息子の描いたジョウロの絵の裏に 毎月一日に水を大匙1杯与える事、とメモして
看板にして 植木鉢に差してみました。

これは、息子が 勝手に コップ一杯の水を 「毎日」遣らないようにする為でもあります。
植物を世話するのは息子の仕事になりました。




最後に、
いつも 息子を遠くから温かい目で見守ってくださる方へ
お誕生日のプレゼントにヒロが描いた絵を紹介します。

なっちゃんとはーちゃん_0002

おっきーちゃん誕生日2013




みんなで少しずつ 画伯から元気をもらっている そんな気がします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
関連記事


  1. 2013/10/12(土) 20:26:47|
  2. 最新記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<Happy Halloween! | ホーム | ココナッツシュガーでおやつ♪>>

コメント

No title

こんにちは☆お久しぶりです。
周りの方、ご自身にも不幸があったんですね。
お悔やみ申し上げます。

息子さんは元気な絵を描いてらっしゃるようで
私も癒されました。
最近思い通りにいかな過ぎることがたくさんあり
どうも心がちくちくしていたところでした。

日本はもう10月半ばだというのに半そでで作業したら汗をかく始末ですが
そちらはどうですか?
寒暖の差が激しく、思いっきり風邪をひいてしまいました。

ところで多肉ちゃんたちも元気そうですね♪
私も多肉ちゃんは百均で買ってはすぐにサヨウナラしてしまっています・・・。
お水はそんなに少なくていいんですね。

また育ててみようかなぁ。
それでは、またお邪魔いたします。
  1. 2013/10/13(日) 01:06:31 |
  2. URL |
  3. IPUMIN #-
  4. [ 編集 ]

No title

けろさん、こんばんは。

わ~多肉だ!!すごく生き生きと元気な多肉ちゃんですね。
なんだか上へ上へとまっすぐに伸びていく姿を見ると、
ここで立ち止まるものか・・と力をいただけそうです。
けろさん、ありがとうございます。
どうも、書いていても行きつ戻りつ、自分の心が
少しふわふわしてしまう時もあります。
でもしっかり地に足つけて、突き進んでいきたいと思います。

けろさんもご親戚の方がお亡くなりになられたのですね。
ご冥福をお祈りいたします。
まして遊んでいただいた・・という記憶があれば、
どこか心につまる思いもお有りだと思います。

ヒロ君の絵、いつ見ても温かいですね。
どんどん絵が上達しているように感じます。
子供ってすごいスピードで色々なことを吸収していって
自分のものにしていっているんだなぁと思います。
この絵で、心がやすまります。ありがとうございます。

  1. 2013/10/15(火) 09:18:05 |
  2. URL |
  3. ココリン #kSi.wH62
  4. [ 編集 ]

Re: IPUMINさん

お返事が遅くなりました
m(_ _)m

そう、そうなんですよ! 月に一度、しかも大匙一杯でよかったなんて
毎朝コップに一杯の水をた~んと注いでいましたから
そりゃあ 旅立ってしまいますよね。

今度は月に1度なので 忘れないように気をつけないと、と思います。

こういうブリキ缶も アジトのmacoさんだったら もっと素敵にアレンジされるんだろうなって
思うだけでなかなか自分ではできていません。
あ~ 早くアジトが復活して欲しいです~
  1. 2013/10/18(金) 19:06:33 |
  2. URL |
  3. けろ(主) #-
  4. [ 編集 ]

Re:ココリンさま

ありがとうございます。
そして、押しかけ女房のようにコメントを送信してしまって、反省しております。
でも、後悔してすでに十年以上経ってしまい、その自責の念が祓えずにいるという事をお伝えしたかった。
ココリンさんが 私のような思いを抱える事がないようにと願っています。

まだまだ初心者ですが(そして一度は枯らしてしまった前科者ですが)
多肉友達としても、 どうぞよろしくお願いします。

あ、それから、
みりんをようやく調達しましたので
また上手に出来たら 料理も掲載したいと思います。
(^^)




  1. 2013/10/18(金) 19:13:04 |
  2. URL |
  3. けろ(主) #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは♫
アメブロにコメありがとうございました♫
久々にけろ様と絡めてヤッホーイなイプミンです。

コメレスにも書いたのですが
あれから風邪がひどくなりまして・・・w
せっかくネイルも褒めていただいたのに栄養不足でボロボロ
なのに体重は増えるという恐ろしい事態。

それでも10月22日、23日は中間テストなので休めないという個人塾のイタさ。

もうこれは気合いで乗る切るしか!

ちなみにイプミンもfc2ブログに移住し
普通に生活のことを書くのはこちらhttp://ipumin.blog.fc2.com/
にしましたのでよかったらブロともにでも・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

海外に友達を作るのが夢でして(ノ´∀`*)イヤン

よろしくお願いいたします☆彡

そういやほんとにアジト復活してもらえないですかねぇ・・・。
カレンダーも3月で止まっちゃってますし
メールアドレスも使えないし
まヴぉ様の身に異変が・・・?!なんて心配しております。

なにかご存知でしたらお知らせくださいませ。
  1. 2013/10/19(土) 20:28:53 |
  2. URL |
  3. IPUMIN #-
  4. [ 編集 ]

No title

けろさん、お久しぶりです。
ここに書いてあるのは私のことじゃないかなあ。
二ヶ月近く経って、私のブログも再開する
気持ちになり、ちょこっと更新しました。
なんだかご心配をおかけしたのかしら、
ごめんなさいというのか、でもやっぱり
ありがとうって言いたい。
母は交通事故だったし、父と祖母が介護のいる状態なので、
余分に思うこと、考える事が多かったのですが、
私は日本にいないし、
私の生活は随分前から全く元通りです。
日本の姉が一人で頑張っていますけど。

けろさんのこの多肉ちゃんの記事、多肉ちゃん好きの
お友達を思いやるけろさんの優しさが伝わって、
また私のことなぞも気にかけていただいて、
読んでいてうれしくなりました。

大伯父さまのこと、お悔やみ申し上げます。
寂しいですけれど、私達には選べないことですよね。
命の大切さを感じるばかりです。

またどうぞよろしくお願いします。 (^^)
  1. 2013/10/25(金) 15:21:19 |
  2. URL |
  3. graceK #-
  4. [ 編集 ]

Re: graceKさま

お返事が遅くなりました。
(^^;)

そ、そうです!GraceKさんの事です~
そして お母様の事、お悔やみ申し上げます。
私の母も(別に因果関係はありますが)交通事故が元で去りましたから
突然の空虚感と言いますか、お気持ち、少しですが、わかります。

当時、父が同年の初旬に去ったばかりで
兄と母を残して私は留学の為に渡英しましたから
今度は母を亡くし、私はそういう悲しい現場から逃げるようにして再渡英。
残された兄はどんなにか寂しかったろうと思います。
でも、あの当時は、私自身のことで精一杯で 兄を思い遣る事もできませんでした。

ブログを再開されて、安堵しました。
実際にお会いする仲ではなくても 
こうして交流のある方が悲しい思いをされ、音信が途絶えてしまうと
身近な友人と同じくらい心配になってしまいますね。

私のほうこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。
  1. 2013/11/01(金) 10:32:56 |
  2. URL |
  3. けろ(主) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jmkaerbeat.blog122.fc2.com/tb.php/340-d74af78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。