シキソクゼクウ クウソクゼシキ 

北米 Philadelphia発信  ”気楽に更新”が信条のブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パティシエ・ヒロ

      Image139_20130617064422.jpg

先月末、私事ですが... 私の誕生日でした。
とてもシンプルな(適当な?)お祝いのカードを描いてくれました。
飛び上がって 誕生日おめでとう! って伝えてる感じは 本人そっくりです(笑)
頭の三角は、パーティーハット(三角錐の、よくある紙のやつです。)

誕生日 = パーティー = ケーキ
という息子の定義に従って(笑)
パティシエ・ヒロが デコレーションに挑戦。
Image016(2).jpg

うわ~ めっちゃ嬉しそう! 出来上がる前に クリームが食べられてしまいそうな予感。

       Image063(1)_20130617065202.jpg

ヒロはいかにもアメリカンなコテコテのバタークリームケーキ&アイシングが好きなので
新鮮なフルーツを用意したら 急にやる気が半減してましたが
「あの~ 誰の誕生日だったかしら? ママの好きなケーキにしてね。」と催促しました。

出来上がりは コチラ  ↓
   Image070(1)_20130617063538.jpg

ヒロの誕生日には 毎年、数字形のキャンドルを使うけれど
買い物に行った際に 「ママは何歳?あれ?0から9しか売ってないよ。9歳までしかできないよ!」
でも 「じゃあ、このハテナにしよう!10歳からはオトナだから これ使うんだよね!」って。
ヒロから見たら10歳はオトナなのか...。
ま、でも本当の年齢を思ったら 10歳で手を打っておきたいママ心。
そんなわけで 年齢不詳の誕生日ケーキが出来上がりました。

ちなみにコチラ↓は ヒロが「こうしたかった」という出来上がり予想の下絵。
       Image138_20130617065621.jpg
もう、ぜんっぜん計画通りになってないし! 
アンパンマンとメロンパンナは良いけど 正直、バイキンマンはケーキに乗せたくないよね(笑)


さ、ケーキを一旦、冷蔵庫に寝かせて Zzzz

パーティーの飾りつけです。
本当に、私の誕生日に飾り付けしなくても良かったけど
こういう事って 準備が楽しいので、ヒロに幹事を任せました。
窓際にピンクのガーランドを取り付けて
何故かヒロの 切り絵スマーフも一緒に展示。

Image121(1).jpg

Image129(1).jpg


テーブルのセッティング テーマは「プリンセスのパーティー」

   Image064(1)_20130617064224.jpg

え? あはは。プリンセスって歳でもないし、ピンクもそんなに好きじゃないけど
「ママは女の子だから プリンセスだよね!」って、紙コップなど全てピンクを選びました。
もうこの歳になると 誰も「女の子」や「プリンセス」扱いしてくれませんから
ありがたく その気持ちを頂く事にしましたわ。

Image075(1)_20130617064222.jpg

バースデーの風船は 完全に、ヒロ自身が欲しくて ママを口実に買いました。
この風船、2週間以上経った今も健在です。

花束は私の好きなガーベラを花屋で購入。(...安かった、というのも理由のひとつ)

では、ゲストのベビークッパ(カエルのぬいぐるみ)もお迎えして
ハッピーバースデー ママ!

って、あれ? 主役が写真撮ってる間に もう食べてる~!!
仕方がないかな。壁の時計を見れば...。夕飯も食べずに準備をしていたので
お腹がペコペコなの。 それにしても 右手のフォークは何のために持っているのか。

Image092(3).jpg

ゲストはドーナツのおもちゃでおもてなしをしました。
Image125(1)_20130601133710.jpg


翌週、当日にお祝いをしに来れなくて申し訳ない!って言いながら
こちらでは定番の バースデーカップケーキを義母が届けて下さいました(笑)
写真では すでに誰かのお腹に入った分の空きがありますね~。
Image043_20130617064425.jpg
ヒロも本当はこういうのを作りたかったけれど
今回は ママが主役なので我慢してくれましたから 
私よりも真っ先に食べた事には目を瞑っておきました~


最後に、
画伯の最新作 テーマは 「家族」 です。
Image111_20130617064426.jpg

そろそろ 分からないかもしれないけれど 肌の色の違いや ヒロのルーツなど
話す時期がきたのかな、と旦那が発言するに至った作品です。

ヒロにしてみれば 単純に、僕はママとパパの半分ずつの色なんだよね!
って、それだけなのにね。
やっぱり、この国に居ると人種の話題には事欠かないので
良い意味でも悪い意味でも 伝えなければならない、大切な事。
こういう事は この国で生まれ育った旦那に任せます。
正直、そういう事に拘りも蟠りも無い私には説得力ある説明ができませんから。
偏った考えの押し付けにならないように それだけ付け加えておきました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2013/06/16(日) 17:47:20|
  2. 最新記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<収納場所に迷った末... | ホーム | ボチボチと再開。さっそく長文です♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jmkaerbeat.blog122.fc2.com/tb.php/329-42c9a405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。