シキソクゼクウ クウソクゼシキ 

北米 Philadelphia発信  ”気楽に更新”が信条のブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時には

Image047_20110916120445.jpg

普段のお絵かきは 私が仕事で使用した紙の裏を利用していますが
さすがに 水彩絵の具には不向きなので
水彩画を描く時には カラーわら半紙を使います。

私自身も 絵を描いたり 工作をするのが大好きだったので 気持ちはわかるのだけれど
...粘土細工をしたり 絵を描いたりすると 2~3時間、ずっと没頭しているヒロ。
本当は 時間の概念とか 予定を立てて実行する、といった学校教育へスムーズに移行させる為にも
一つの事をするのは30分、あるいは1時間、といったように メリハリをつけて
時間を区切って遊ばせるのが良いのだ、と 幼稚園の先生にも勧められていますが
こんなに長く 一生懸命に取り組んでいると
正直、私の家事もはかどるし、一つのことをしてくれると 散らかることもないので 
母としては このままでもいいかなあって 思って楽をしようとしてしまいます。( ← 面倒嫌いです。)

とっても広い公園へ出かけても
しばらくすると 外用チョーク(アスファルトに落書きする為の水で消えるクレヨンのようなもの。)で絵を描き始め
...しかも 必ず、他のこどもの付き添いでベンチで待っているママたちの前で 腕前を披露するのです。

たとえば、キリンの絵を描いて その横にキリンって(英語ですが)字を間違わずに書くとか。
     私なんて、高校になってもそんな綴りを覚えられなかった... ← 実話

確かに、同年代の子よりも絵を描いたり字を書いたりということには優れているので 
褒めてもらいたいのだろう、というのは分かるけれど...。
   私にとっては日常茶飯事で 褒める回数が減ったのに気づいているのかも...。
褒められるから もっともっとって感じで ずっと絵を描き続けているので
ママ達は 私の所へ来て
いったいどうやって読み書きを覚えたのか、とか アートスクールに入れたら?とかアドバイスを頂いたり。

息子をべた褒めされて 嬉しくないわけではありませんが
本当は「いえいえ、あなたの娘さんのように お手洗いへ行く、他人ときちんと話せる方がもっとすごいですよ」と言いたい。

読み書きはできなくても 小学校へ行くようになったら 皆で一緒に習えばいい。
でも トイレトレーニングが完了していない子供は 学校が受け入れてくれない...。(涙)

来年の今頃には 学校へ行けるかどうか判明していると思いますが どうなることやら、画伯。
もう、この蔡ですから オムツ画伯、と呼びましょうか (笑)
あと1年、正念場です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒロは 以前ほどではないけれど
今でも 「ママ命!」って感じで ママ大好き~~というオーラが溢れています。
ママとパパとどっちの手をつないで歩く?とか、聞くまでもなく、ママ、です。
(ちなみにう★ちパンツの処理も 絶対、ママ(泣))

ママのほうが好き、というよりも パパの事をライバル視しているから 笑っちゃう。
夫婦だけで会話、なんてしようものなら 二人の間に体当たりで割り込んできて
パパに「あっちいって!」って言いながら 押し出そうとするし(パパの巨体にはかないません...)

ママとお出かけの時には 留守番をするパパに「バイバイ」って言って 平気だけど
パパが連れ出そうとすると 玄関を出るまで ず~~~っと

「パパ、ママがまだ用意してないよ」

「ママ、靴はいて」

「ママの鍵、ここにあるよ」   等々
 
理由をつけては お出かけを渋って困らせます。
こんな風だから パパも「甘えて」
「ヒロと二人で買い物なんて ムリだよ。僕が留守番するから ふたりで行けば?」とか
   パパはヒロと格闘するのは好きだけど 面倒なことはしたくない...というか昼寝したい?
なので 結局、何でも私に押し付けて。

まあ、確かに 最近のヒロなら 買い物一緒でも それほど苦にならないので良いけど。
ヒロはあまり物欲がないので(クレヨンと紙さえあれば。) 
スーパーへ買い物に行っても 欲しいものがあって 駄々をこねるということが無いし
とにかく「ママ命」のヒロが 一番恐れているのは

ママに嫌われること

なので
私が わがままを言ったり、大声で話したりするヒロに 
怒った表情を見せて ← ここ大事。
「ママ、笑ってないよね」 って言うだけで
涙目になりつつも 静かになって
私が5分くらい 黙っていると さらに不安になるのか
「ママ、スマイル、プリーズ」 って言いながら 抱きついて 許しを請う仕草をするので
   心の中では「かわいい~~!」って思いつつ
分かってくれたなら、いいよ、って笑顔を見せて 抱きしめたら
もう、何が原因でこうなったのかも忘れて 元通り、になる
というコツを掴んだので 買い物は楽勝~♪

普段から相手をしていないので たまに連れ出すパパには 難しいみたいね。
ヒロは地声が大きいので 普通に話していても 遠くからでも存在感アリ。
それを抑えるのが 今後の課題です。
やたらに叫ばないだけマシかな。
大声で 野菜や果物の名前を読み上げたり 値段を言ったり...。
見知らぬ人に声をかけるのはちょっとやめて欲しいけどね。
  (かわいい顔で声をかけるので 怒る人もいないけど。)

たまにはパパの相手もしてあげないと
「ヒロばっかり」って文句言いそう。
こうやって 夫婦間に溝が生まれるのかなあ?と思ったり。
なので 夕飯は必ず パパの好みです。(大半を食べる人に合わせている、とも言う。)


さ、来月からヒロは 幼稚園、週5日。
ママの早起きも 週5日(涙...勘弁してほしい。)
ブログもますます いい加減になり 停滞しそうですが どうぞまたお寄りください。
関連記事


  1. 2011/09/16(金) 13:00:12|
  2. 賞味期限切れ間近の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新作続々 | ホーム | 新作~♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jmkaerbeat.blog122.fc2.com/tb.php/254-adbc63c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。