シキソクゼクウ クウソクゼシキ 

北米 Philadelphia発信  ”気楽に更新”が信条のブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の空に想う


気取ったタイトルにしてしまったけれど 
なかなか寝付けなかったので考える時間ができたという
ただ それだけのこと。

夏の終わりになると 母のことを思い出す。
命日だからなのか あるいは去り行く夏に感傷的になってしまっているのか
父の命日には それほどでもない どうしてかな、と考え始めた。

なんとなくたどり着いた答えは
父が亡くなった時には母がいて 自分は「子」でいられたから。

成人しているので 人が死ぬ ということがどういう事か わからないわけではないのに
荼毘に付される父の棺の前で「おんおん」と泣く母を見て
父が亡くなったという事実よりも 母の悲しみにもらい泣きをしていたような
自分の悲しみなのか 母の悲しみなのか わからずにいた気がする。

その同じ年に短大の卒業 そしてイギリスへ短期留学
いま思うと 「イギリスに旅行する良い理由ができたわ?♪」と言って私を送り出してくれた母だけれど
強がっていたのかなあ 本当は一緒に日本に居て欲しかったのかなあ と。
「便りのないのは元気な証拠。電話代もったいないから無事なら手紙にしなさい」とも言っていた。
留学先で生活に慣れるので精一杯だった私は その言葉を真に受けて1ヶ月過ぎて 初めて電話した。
「やっぱり 声が聞きたいかな」という母の手紙を受けたから。

親の心 子知らず

その初めての国際通話が 母との最後の会話になるなんて...
どんなに思い返そうとしても 何を話したのだか 記憶に無い。
学校はどうだとか 海が近くていいよとか ホストファミリーは親切だよ 
そんな他愛のない報告をしていただけのような気がする
空港で別れた時も「じゃあね?」なあんて またすぐに会えるんだと思っていたし。

意識の無い母の傍で 奇跡的に回復するのではないか 
何度も繰り返される見舞いの言葉
親不孝にも それはありえないなあ。 と思っていた私
このまま別れるのは嫌だったけれど 奇跡を信じて待つタイプではない私
父が母を呼んだのかなあ 惚れていたからなあ 
そう思って諦める方が楽だったのかもしれない
葬儀の後すぐにまたイギリスへ戻ったのも 
自分や周囲の悲しみの渦に巻き込まれていくのが嫌だったのかもしれない
「お母さん 残念だったわね」 気遣っていただく言葉もまた
母の去ったその時点に引き戻されるようで嫌だった

形あるものは いつか壊れる
生きるものは いつか亡くなる
嘆いても仕方のないこと

それほど悲しまなかったのは他の誰よりも「私」だったのかもしれないな
それが良い事か悪い事か それは知らないけれど。

何だかいっぱい考えたなあ
命日にお墓参りもできない私
秋の空に想いを馳せるだけでも 供養になるといいなあ

気持ちだけお供えの果物...食べるのはヒロ。おじいちゃんおばあちゃんと分けっこね 




  

スポンサーサイト


  1. 2008/09/30(火) 00:09:31|
  2. 賞味期限切れ間近の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甘?い遊園地





で、どんなに楽しんでも所詮はゲーセン。
1時間もすると退屈してしまい、近場で面白い所はないのかなあって話し合った結果、
この世で最もあま?いテーマパーク
 Hersheys (HPアド⇒http://www.hersheys.com/discover/visit.asp)
              日本でもKissチョコなんかで有名ですね。
そこへ行楽の場を移すことに決定!
(^ー^)

テーマパーク全体はとても大きく
 チョコレート工場
 遊園地
 動物園
 イベントホール(東京ドームのサイズかなあ)
この4つで構成されていて、各所へは専用のバスで移動。
 東京ディズニーとディズニーシーといった感じでしょうか。

チョコレート工場も面白そうでしたが、すでに午後4時を回っていたので
メインの遊園地に入場することに。
ジェット・コースターなどの大型絶叫アトラクションがたくさんあって魅力的でしたが
ヒロ同伴なので おつきあい、ということでとにかく園内を散歩。
施設内にはプールと併合のアトラクションもあり、ずぶ濡れになった人もちらほら。
なのでプールにあるような着替え所もあって、ヒロのオムツ替えも楽々、広々でした。

年齢に関係なく楽しむことのできる遊園地で楽しかった?。おススメですよ!
キャラメルとチーズ味のポップコーンのコラボも美味しかったし。
もちろん、園内限定のチョコやキャラクターグッズなども。
遠出をした甲斐がありました。
遊園地の入場料は日本円で約5000円。
(入場料はお高いけれど入ってしまえば乗り放題なので…朝から来ると元が取れるかなと思います。)
でも 夕方5時以降だと半額になるので
私たちは1時間くらい入り口付近にあるカフェやおみやげ店で時間潰してからお得に行ってきましたよ?

ところで
日本で「観覧車」というと
ゆったりと時間を過ごせ、老若男女を問わず楽しめる
そんなイメージだったのですが
以前行ったことのあるNYのコニーアイランドと同様で、
この遊園地の(もしかするとアメリカ全土?)観覧車も
一種のアトラクション。
スピードが速いのです。絶叫するほどではないにしろ 明らかに日本のそれとは比べ物にならないほど。
ゆりかご状のブランコを強く揺らした感じで動いていくし、
ゴンドラも窓のような壁となるものが全くなく(写真とビデオ参照)
お椀に傘を差したようなデザインで高所恐怖症の人には無理っぽい乗り物でした。
私は高くても速くても大丈夫なので良かったけれど。
ヒロもちょっと表情が強張っていたけど、一番高いところで他のゴンドラからの下車を待つのも平気で
あちこち見渡して楽しんでいた様子。
夕暮れ時でライトに照らされた園内もきれいでしたよ。

ビデオですが、その観覧車の様子です。
降車待ちの間にどうでもいい様な会話(特に私の拙い英語)が入ってしまいましたが…
気にせずご覧下さいね。

アメリカの観覧車・・・

写真は珍しく親子で揃って写ったモノなどです。ボブ君に感謝。
雰囲気だけでも伝わるといいなあ。


  1. 2008/09/23(火) 14:15:48|
  2. 賞味期限切れ間近の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯から?



秋の空が残暑を和らげて
ヒロも絶好調。

ボールを上手に投げられるようになって大喜び。
いたずらも絶好調?で 折りたたみ携帯を開閉するコツをつかんで
知らぬ間に見知らぬ番号を登録していたり
カメラで床や手のひらなど 奇妙なものを撮影していたり
相変わらず意味のある言葉はまあったく話せず、
歯も最初に2本同時に生えたっきりで 次はいつになることやら…

よく周囲のする様子を観察していて
先日、オムツを換えるので 専用のマットとオムツを用意していたら
何も言わないのに自分でおしり拭きの入った箱を抱えてついて来ました(笑)

そうそう、紙パックのジュースを上手にストローで飲めるようになって
飲んだ後には ストローを元の小さな穴に入れるのに一生懸命で1時間も出し入れして
うまくいくと自分に拍手!
あ、拍手といえば、数日前までは音が出なかったのに
今ではちゃんと音が パチ パチ って8割くらいなるようになりました。

と、またしても親ばかなブログですみません。
これしか話題がないって感じです。
仕事と家事、子育て以外は…
コーヒーを飲んで ドーナツを食べて 寝るくらいですからね。

フットボールのシーズンが始まりました?とか
最近テレビで手塚治のブラックジャックが放映されましたとか
近所のスーパーで魚の燻製が手に入るようになりました!
そんな話題ならあるんですけど。どうでもいい様な事なので。

写真は携帯で撮影の
1)哺乳瓶を放さず熟睡のヒロ
2)パパとアーケードゲーム(ストリートファイター)
です。



  1. 2008/09/20(土) 13:15:21|
  2. 賞味期限切れ間近の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。